クレジットカード現金化のリスクとは?換金OKの個人事業には要注意

クレジットカード現金化のリスクとは?換金OKの個人事業には要注意

クレジットカードには一般的にキャッシング枠とショッピング枠があり、
ショッピング枠は買い物などに利用することができますが
現金化することができないと言う仕組みになっているため、
お金のない時などには不便と感じることも少なくありません。

 

最近ではその枠を利用して現金化すると言うサービスも非常に多くなっており、
その中には明らかに個人事業として行っていると言うケースもありますが、
このような場合には十分に注意をして利用することが必要です。

 

実際にはクレジットカードのキャッシング枠を現金化する事は、
多くのカード会社では公には認めていません。

 

そのため、多くの場面でクレジットカード現金化と言うサービスを目にすることも多いのですが、
これは利用する本人にとって大きなリスクを伴うことを意識しなければならないものです。

 

クレジットカード会社がこれらの利用を認めていないために、
様々なトラブルを招いてしまうと言う危険があります。

 

法律的には現金化をする事は、明確には違法と定義されていません。
クレジットカードで購入した商品を、
不要になったからと第三者に売却する事は一般的に行われていることであり、
これら全てがクレジットカード現金化とみなすことが非常に難しいためです。

 

一般的にクレジットカード現金化の方法は一旦商品を購入し、
これをそのまま買い取ると言う方法で換金することが多いため、
不要になったものを売却すると言う形と明確に区別することができないと言う盲点があります。

 

しかし、様々な経験を積んだ大手の会社であればともかく、
これを個人事業で行う事は非常に大きなリスクを伴う上、
様々な金融取引における法律に抵触することもあるため
利用にあたっては十分に注意をすることが必要です。

 

換金OKとなっていても、直接現金に変える事はもちろん法律上違反となりますし、
その他の方法であっても法律では細かな換金に関する規定が設けられているため、
この法律を知らずに運営していることも多いのです。