クレジットカード現金化は換金率を重視して選ぶ

クレジットカード現金化は換金率を重視して選ぶ

クレジットカード現金化をする時に利用をする業者の決め手はいくつかありますが、
基本となるのは換金率で選ぶことになります。

 

基本的にクレジットカード現金化というのは、
どこで利用をしてもサービスの質自体が変わるものではありません。
接客の良し悪しが変わることがあるにしても、
換金率の差を覆すほどのものではないと言えます。

 

現金を受け取ることができればそれが全てのサービスですから、
いくら接客が良かったとしても換金率が悪ければ利用をするに値しない店となります。

 

もちろん、営業時間や立地という条件もあるものの、
余程都合が悪くない限りは換金率を優先して選ぶことになります。

 

換金率で選ぶ際に注意が必要なことは、ありえないぐらいに高い数字で客をひきつけて、
実際に現金化しようとすると他店よりも安いというパターンです。

 

クレジットカード現金化をする場合、大体が7-80パーセントが相場となっていますから、
それよりも頭一つ以上抜けて高いところは要注意ということになります。

 

90パーセントを超えるようなところで、その数字の通りの金額を手にすることができるのであれば、
選ばない手はありませんが、なにかに理由をつけて減額をされるのが関の山です。

 

そして、このような悪質な宣伝をしている業者というのは、
実際の換金率も他社と比較をすると悪い傾向にあるので、
見せかけの数字に騙されないようにしましょう。

 

ただし、これは業者を利用した場合の話であり自らクレジットカード現金化をするのであれば、
90パーセントを超えるのは不可能ではありません。

 

商品の価値が落ちにくいものを購入して転売をすれば、
手間はかかるものの90パーセント以上の現金を手元に残す事ができます。

 

手間がかかりますから、クレジットカード現金化をしようと考えているときには使いづらい方法となります。

 

そのため、クレジットカード現金化をするなら業者を利用するのが一番手っ取り早く、
業者を利用するなら課金率を重視して選ぶことが基本になると言えます。