クレジットカード現金化サービス利用時の必要書類と取り扱い時の注意点

クレジットカード現金化サービス利用時の必要書類と取り扱い時の注意点

いますぐにお金が必要になったとき、
親族や友人などに頼らずにお金を確保する手段として、
クレジットカード現金化を利用する人が少なくありません。

 

今日ではクレジットカード現金化のサービスを展開する事業者がたくさんあらわれており、
どの業者で現金化しようかは悩みどころですが、
どんな業者を利用する場合であっても注意しなければならない点があります。

 

それは、必要書類の提出を求められることです。
悪質ではないクレジットカード現金化サービス会社は、
指定された書類を提出できないと現金化に応じません。

 

 

全ての会社で共通して提出を求められるのが、本人確認書類です。
これは、公的機関が身分証明書として発行しているもので、
有効期間が終了していないものであれば原則として何でも利用することができます。

 

例えば、運転免許を持っているのであれば
手持ちの運転免許証をそのまま本人確認書類として提出すればよく、
免許証が無い人はパスポートや個人番号カード、健康保険証、
国家資格の資格者証などがあれば問題はありません。

 

ただし、業者によっては顔写真が入っていない
身分証明書を本人確認用とする場合に2種類提出を求めてくることがあるので、
会社の公式Webサイトの説明などをよく読んでから書類の準備をしましょう。

 

 

また、クレジットカードについては、カード情報のみが必要になる業者と、
カード自体の提出を求めている業者の両方が存在します。

 

どちらにしてもカードが無いと手続きができないので、
本人確認書類と同様に準備しておきましょう。

 

利用する会社によっては、本人確認書類以外にも必要書類が存在する場合があります。

 

例えば、買取方式を採用している業者を利用する場合、
実店舗であればその場で現金を受け取れますが、
Web上で手続きをとるときは
振込先の口座情報がわかるものを用意しておかないと手続きが進められません。

 

必ずしも提出を求められるものではありませんが、
申し込むときは手元に預金通帳やキャッシュカードを置いておきましょう。